車を売却するときに必要な書類について

 

車を売却するときには、書類を用意しなければいけません。
どんな書類が必要になるのか、事前に知っておくと助かりますよ。
ここでは、車の売却で必要になる書類を紹介します。
はじめての方も、安心してかしこく車を売りましょう!

 

 

まず、書類を用意する前に。
車を売りたいお店を探します。
買取店といってもひと口にさまざまですから、
いろんなお店を比較しながら、
利用しやすいところを選びましょう。
近場・対応が良い・分かりやすい。
この3つを兼ね備えていればOK!

 

 

 

さて、車を売るには査定が必要になります。
査定時と売却時では用意する必要書類が異なります。
査定をする際は、
●車検証
●身分証明書

 

 

基本的にこの2つの書類でOKですが、
・保証書
・整備手帳
・分解整備記録簿

 

 

などもあると良いでしょう。

 

 

 

売却時には、以下の書類を用意します。

 

 

●実印
●印鑑証明書
●車検証
●自動車税納税証明書
●リサイクル券
●整備手帳/取扱説明書
●住民票
●譲渡証明書
●自賠責保険承認証明書
●委任状

 

 

印鑑証明書は、都道府県によって必要部数が異なります。
事前に確認しておきましょう。
リサイクル券は、預託済みの場合にのみ用意し、住民票は移転時にのみ用意します。
また譲渡証明書〜委任状は、その他の署名押印書類になります。